トップページ > ゴルフ用語辞典 > 重心距離

重心距離

重心距離

シャフトの刺さっている位置から重心までの距離のこと。長いほどネック軸周りの慣性モーメントが大きくなります。

【重心距離の影響】
ここで言う慣性モーメントはヘッド自体のものではなく、ネック軸まわりの慣性モーメントのことです。これが大きいとヘッドの開閉がしにくくなります。つまりフェースを開いてバックスイングをしたらフェースが戻りきらずスライスしてしまいやすくなり、逆にフェースの開閉を抑えてスイングすれば曲がりの少ない球を打ちやすくなります。
逆にこの慣性モーメントが小さいとヘッドが返しやすいのでフェースローテーションを積極的に使ったスイングで球を打つことが出来ます。飛距離を稼ぐドローボールを打つならこのように重心距離の短いものを使った方が容易になります。

その他の重心に関する用語
重心角」…フェースとシャフトから重心位置までの直線がつくる角度。
重心高」…ヘッドの底から重心位置までの高さ。
重心深度」…フェース面から重心位置までの距離。