トップページ > ゴルフ用語辞典 > 重心高

重心高

重心高

クラブヘッドの底から重心までの距離のこと。これが長いと高重心、短いと低重心ということになります。

【重心高の影響】
ゴルフクラブのスペックを見ると、重心高に関しては『低重心』と記載されたモデルを目にすることが多いと思います。何故、低重心を売りにするのでしょうか? それは、低重心のクラブが総じて易しいクラブである、ということが言えるからです。
まず、アイアンにおいては低重心のものほど高弾道のボールが打ちやすくなります。また、ダウンブロー軌道(打ち込む軌道)ではなく払い打つタイプのゴルファーには低重心の方が芯で捉えることが容易になります。ドライバーに関しては低重心のものほどギヤ効果によるバックスピンが抑えられるため飛距離を稼ぎやすくなります。

その他の重心に関する用語
重心距離」…シャフトから重心位置までの距離。
重心角」…フェースとシャフトから重心位置までの直線がつくる角度。
重心深度」…フェース面から重心位置までの距離。