トップページ > ゴルフ用語辞典 > 重心深度

重心深度

重心深度

フェースから重心までの距離。この数値が大きいとヘッド後方に重心があることになりインパクトでロフトが寝て(大きくなって)球が上がりやすくなります。

【重心深度が大きいとインパクトでロフトが大きくなる理由】
重心深度が大きいクラブはスイング中に遠心力によって重心がシャフトの延長線上に動こうとする力も大きくなります。重心がシャフトの延長線上に向かうということはヘッドが上を向くということです。これによりインパクト時のロフトが増え球が高く上がりやすくなるのです。
ロフトが増える度合いはヘッドスピードやシャフトのしなり具合により異なります。例えば、硬いシャフトでヘッドスピードも遅ければこの現象は起こりにくくなりますし、柔らかいシャフトでヘッドスピードが速ければ起こりやすくなります。

その他の重心に関する用語
重心距離」…シャフトから重心位置までの距離。
重心角」…フェースとシャフトから重心位置までの直線がつくる角度。
重心高」…ヘッドの底から重心位置までの高さ。