トップページ > ゴルフ用語辞典 > トレーリングエッジ

トレーリングエッジTrailing Edge

トレーリングエッジ

ソールの出っ張り部分の角(写真赤線部分)。これがあると、バンカーショットでエクスプロージョンがしやすかったり、クラブヘッドが地面に突き刺さってダフるようなミスを軽減してくれる効果があります。上級者になると、ここを削り落しロブショットをしやすくする等の細工をする人もいます。

【削ることのメリット・デメリット】
トレーリングエッジを削らない場合、バンカーショットは易しいが、ロブショットなどでフェースを開くとトレーリングエッジが地面にあたり刃が浮く状態になってしまいます。こうなるとロブショットはかなり困難になります。そのためプロや上級者ではトレーリングエッジを削りフェースを開きやすくします。トレーリングエッジを削ったクラブは、バンカーショットの難しいクラブとなるわけですがプロレベルではそこは問題とならないのです。