トップページ > ゴルフ用語辞典 > エクスプロージョン

エクスプロージョンExplosion

Explosion=「爆発させる」という意味です。通常のバンカーショットではボールを直接打たずに手前にクラブを入れ砂を爆発させるイメージで打つことからこのように呼ばれます。
バンカーショットは、ボールの手前の砂にクラブヘッドのバウンス(フェース面の裏側の出っぱり)が先に砂に触れる形でスイングするのが基本です。通常のショットのように打つと刃(リーディングエッジ)が先行して砂に入るため、クラブヘッドが砂に突き刺さったようになり振りぬけずにミスの要因となる場合が多いのです。バウンスを先に砂に入れるにはフェースを開くのがコツです。

【オーソドックスなバンカーショットの手法】
・スタンスはオープンにして構える。
・フェースを開く。
・スイングはスタンスに沿ったアウトサイドイン軌道で振る。
・左手首の甲側にコック(手首を折り曲げる)して、ダウンスイングでも戻さない感覚を保つとバウンスから砂に落としやすい。
・砂に入れておしまいではなく、振りぬく(ボールの下の砂を削り取る感じ)

※目玉の時は、フェースを開かずに削り取るのではなく手前の砂にドスンと打ち込んだ方が球が上がって脱出しやすくなります。