トップページ > ゴルフ用語辞典 > ロブショット

ロブショットLob Shot

フェースを大きく開き高い球でランをほとんど出さないショット。グリーン周りからのアプローチで、グリーンエッジからピンまでの距離がほとんどない場合に有効なショットですが難易度は高めです。

【ロブショットの打ち方の例】
・スタンスはオープンにする
・球は左足寄りにおく
・フェースを大きく開く
・スイング中、左手甲側に折り曲げた状態をキープする

ロブショットは球の下に綺麗にクラブを入れていかなければなりません。その為には通常のショットのようなハンドファースト&ダウンブローではなく、スイングの最下点でクラブをボールの下に滑り込ませる必要があります。球を左足寄りに置くのはそのためです。また左手を甲側に折ったままにすることでフェースを開いたまま打つことがしやすくなります。
ロブショットはライが良い状態でないと難しいショットです。ラフに沈んでいたり、ベアグラウンドのように全くボールが浮いていない状態では不可能に近いので、このような場合は無理せず他の打ち方をしましょう。