トップページ > ゴルフ用語辞典 > ライ角

ライ角

ライ角

クラブをソールした時にシャフトと地面がつくる角度のこと。大きくなるとシャフトが立ってアップライトに、小さくなるとシャフトが寝てフラットになります。ライ角の異なる2本のクラブを同じように(シャフトの傾きが同じように)構えて打ち比べてみると、ライ角が大きい(アップライトの)クラブの方がフェース面が左を向きフックボールが出やすくなります。
背の低いゴルファーはスイング軌道がフラットになりやすく、ライ角の大きいクラブを使うとトゥー側が上を向いた状態(つまりフェースは左を向いた状態)でインパクトしやすいので、フック系のボールがでやすくなります。背の高いゴルファーでは全くその逆のことが起きます。そのため、一般的に背の高いゴルファーはアップライト、背の低いゴルファーはフラットなライ角がマッチすることになります。