トップページ > ゴルフ用語辞典 > アンプレヤブル

アンプレヤブルUnplayable

プレーが出来ないような状況のこと。岩の間に挟まったり、木の根に引っかかったりして、どうしても打てない場合や、打ちたくないような悪い状況の場合はアンプレヤブルを宣言することで1打罰で救済処置を受けることが出来ます。
アンプレヤブルを宣言した場合の処置は以下の通り。
1.前回プレーした場所にドロップ(ティーグラウンドならティーアップ可、グリーン上ならプレース)
2.球とホールを結ぶ線の後方延長線上(どこまで下がっても良い)にドロップ
3.元の球の位置からカップに近づかない2クラブレングスの範囲内にドロップ

なお、このアンプレヤブルの処置は、球がウオーターハザード内にある場合は適用することが出来ません(ウオーターハザードの場合はウオーターハザードにおける処置をとる・規則26-1)。また球がバンカー内にある場合で2か3の処置を選んだ時はどちらも同バンカー内で処理しなければなりません。

規則28・アンプレヤブルの球