トップページ > ゴルフ用語辞典 > アウトサイド

アウトサイドOut Side

アウトサイド

文字通り外側のことをさします。ゴルフではスイングの方向を指す言葉としてよく使われます。バックスイングで自分の体より遠くにクラブを上げればアウトサイドに上げると言い、フォローで自分の体から遠ざかる方向にクラブを抜けばアウトサイドに振りぬく、ということになります。
アウトサイドやインサイドという言葉を使って表すことが多いスイング軌道は球筋をコントローする上で重要な要素です。ゴルフのスイングは円軌道を描くのでストレートボールを打ちたいならダウンスイングでインサイドからクラブを降ろし、インパクト後はインサイドに振り抜くのが基本。それに対し、アウトサイドからインサイドに振りぬけばスライス、インサイドからアウトサイドに振りぬけばフック回転がボールにかかります。これらのスイング軌道のことを「アウトサイドイン」「インサイドアウト」と表現します。アウトサイドインでスライス回転、インサイドアウトではフック回転となるのが基本ですが、これらはあくまでインパクト時のフェース向きが狙った方向に向いていることが条件。インサイドアウトに振りぬく時にフェースが開いたまま(右利きで右を向いている状態)インパクトすればそのまま右に飛び出す球=プッシュアウト(またはプッシュスライス)になるし、アウトサイドからインサイドに振りぬく時にフェースが被って(閉じる)しまえば引っかけやチーピン(左に曲がる球)になります。