トップページ > ゴルフ用語辞典 > バックスイング

バックスイングBack Swing

スイングの開始からトップの位置までクラブを上げる動作のことを意味します。
ゴルフでは度々『ストローク』という用語が出てきますが、ストロークとは『球を打つ意志を持ってクラブを前方へ動かす動作』のことをさします。つまり、トップから球を打ちに行く動作のことを指すのであって、バックスイングはストロークの一部にはなりません。バックスイングは『ストロークするためにクラブを後方へ動かす動作』ということになります。どうでも良いことのように思えてしまうかもしれませんが、実はこれによりルールの解釈が明確にされている場合もあります。
例えば、バンカー内で球の後ろに小枝がありプレーする時にそれにクラブが触れた場合です。ハザード内に球がある時にそのハザード内のルースインペディメントはストロークする前に触れたり動かしたりしてはいけない(違反は2打罰)と決まっています。従ってストローク前の動作であるバックスイングで触れると違反となり、ストロークの際には触れても違反とはならない、というわけです。また、ティーグラウンドでティーに乗った球(これから1打目を打つ球)をバックスイングで誤って落とした場合は、インプレーではない球をストロークではない動作によって落としたに過ぎないので罰はなくティーに戻して打つことが出来る、ということになります。

技術的な面においては、バックスイングのスタイルはプレーヤーによってかなり個人差がありますが、多くの上級プレーヤーに共通して見られるのは『右膝がほとんど動かない』という点です。右膝を固定することで下半身と上半身の捻転差が生まれ速いヘッドスピードに繋がってくるのです。