トップページ > ゴルフ用語辞典 > エッジ

エッジEdge

アイアンのヘッドの端部分。フェース下の刃の部分をリーディングエッジ、後方の出っ張り部分の角をトレーリングエッジと呼びます。一般的に「エッジ」と言ったらリーディングエッジのことをさします。
リーディングエッジにボールがあたり、低く飛び出すことを「トップ」と呼びます。理想的なショットはリーディングエッジから1cmほど上の面にあるスイートスポット(芯)でボールをとらえること。リーディングエッジに近いところ、つまり芯より低いところで打つとギヤ効果によりバックスピンがかかりやすくなるので、プロでは意図的にトップと紙一重のボールでスピンをかけたアプローチを打つ選手もいます。
トレーリングエッジは通常のショットにおいてダフリを軽減してくれたり、バンカーショットの時にエクスプロージョン(爆発)しやすくする作用がありますが、プロの中には他の細かな技を使いやすくするためにわざと削り落して使用する選手もいます。