トップページ > ゴルフ用語辞典 > ヤード杭

ヤード杭

コース内にある残り距離の目安となる杭。残り100ヤードや150ヤードのコースの脇などに刺しているケースが多いです。ヤード杭が示す残り距離は一般的にグリーンセンターまでかグリーンエッジまでのどちらかの距離です。ゴルフ場によって異なるのでスタート前に確認しておくべきでしょう。
ヤード杭は大抵のゴルフ場では抜けるように出来ています。そのように簡単に動かせる場合はプレーの妨げになる場合に取り除いてプレーすることが出来ます。数ヤード前に杭があり球が当たりそうな場合も取り除くことが出来ます。もし、簡単に動かすことが出来ない場合は動かせない障害物となるため、球のライやスタンス・スイング区域が障害を受けていれば救済を受けることが出来ますが、プレーの線上にあり球が当たりそうという理由だけでは救済を受けることが出来ません。

規則24-1・動かせる障害物
規則24-2・動かせない障害物