トップページ > ゴルフ用語辞典 > ツーグリーン

ツーグリーンTwo Green

1つのグリーンではメンテナンスが難しいため、2つのグリーンを使い分けていること。主に使うグリーンをメイングリーン、もう片方をサブグリーンと呼びます。
比較的新しいゴルフ場では2グリーンのところが少ないのですが、以前は1つのグリーンではメンテナンスが難しいという理由でグリーンを2つ持つゴルフ場が多く作られました。このようなコースでは、カップのある方をメイングリーン、もう一方をサブグリーンとして扱います。サブグリーンはローカルルールで規定されていない限り目的外のグリーンと同じ扱いとなります。ゴルフ場はローカルルールでサブグリーンをプレー禁止の修理地、またはスルーザグリーンとしてあるがままの状態でプレーするよう規定することが出来ます(2012年改訂)。

規則25-3・目的外のグリーン