トップページ > ゴルフ用語辞典 > つま先上がり

つま先上がり

足の位置より球の位置が高い状態。つま先上がりからの打球はフックしやすくなります。
つま先上がりで普通にクラブを構えると、トゥー側が上を向いた状態、つまりフェース面が左を向く状態になります。ロフトの大きい(番手の短い)クラブほどこの現象は顕著になります。これにより打ち出し角もスピンの方向も左にいくような球筋となります。それを考慮してフェースを開くなり、右を向くなりして方向性を合わせる必要が出てきます。
また、高い位置にある球を打つため、重力でクラブが下に降りてきて球の下の方へクラブヘッドが行ってしまい空振りやトゥー側に薄くヒットするミスが発生しやすいので、素振りでヘッドの通り道を確認おいた方がミスの確率が減ります。