トップページ > ゴルフ用語辞典 > ディボット跡

ディボット跡Divot

ディボット跡

「ディボット」はショットで取れたターフという意味で使う場合もありますが、ターフを取ったことによって出来る跡に対して「ディボット跡」と使うのが一般的です。
ディボット跡は出来るだけ目土(砂)を入れて修復しておくのがマナーです。後続組の球が入らないように、また入っても打ちにくくならないように砂を入れて平らにしておきます。