トップページ > ゴルフ用語辞典 > ダフり

ダフり

クラブヘッドが球に当たる前に手前の地面に当たってしまうこと。
ダフリはその度合いにもよりますが、芝土がクラブと球の間に入ってしまことで直接球をヒット出来ずに著しく飛距離が落ちます。そのため、距離があるショットではトップより痛いミスとなります。逆にグリーン周りではトップするよりダフった方がミスの痛手が小さいことが多いものです。
練習場のマットではダフってもクラブヘッドが人工芝で滑りナイスショットとなることも少なくないので人によっては気付かない場合もあります。
ダフリが起こる原因は様々考えられますが、一つはダウンスイングで左肩が上がり右肩が下がってしまうケースです。腰が回転せずに前傾が崩れるタイプの人がなりやすい現象です。他にはスイングアーク(スイングの円弧)の最下点が球の手前にきてしまうケースです。この場合はハンドレイト(手よりクラブヘッドが先行する)になっている可能性が考えられますのでハンドファーストの形でインパクトを迎えるように意識すれば改善するかもしれません。