トップページ > ゴルフ用語辞典 > 暫定球

暫定球

球がOBやロストボール(紛失球)の可能性がある場合に暫定的に打つ球のこと。
OBかロストボールの可能性がある場合に限りプレーヤーは暫定球を打つことを宣言した上で暫定球を打つことが出来ます。本来のルールではOBやロストボールになると打ち直しとなるため「行ってみてOBだったら戻って打ち直し」というような時間の無駄を省くために暫定球というのがあります。暫定球を打った後は、最初の球がOBやロストボールであったら暫定球をインプレーの球としてプレーし、最初の球がインプレーであった場合は暫定球を放棄し最初の球でプレーしなければなりません。
暫定球は打つ前に明確に暫定球であることを宣言しなければならなりません。これを怠ると、最初の球がOBかインプレーかにかかわらず打ち直した球がインプレーとなります(OBした場合と同じことになる)。また、暫定球を打った場合、最初の球があると思われる場所付近かそれよりもホールに近いところから暫定球をプレーするとその時点で暫定球がインプレーの球となり最初の球はたとえその後インプレーで見つかったとしても紛失球扱いとなります。

規則27-2・暫定球