トップページ > ゴルフ用語辞典 > 新ペリア方式

新ペリア方式

コンペなどでハンディキャップを算出する方法。18ホール中、隠しホール12ホールを選定し、その12ホールのスコアに応じてハンディキャップを算出します。ダブルペリア方式とも言います。
隠しホールはプレー中は公表されません。どのようなスコアの参加者にも優勝の期待が持てるような順位の付け方として、コンペでは定番の集計の仕方となっています。隠しホールでたくさん叩いて、それ以外のホールで叩かずに回ってきたプレーヤーがハンディキャップを多くもらえて良い成績をおさめやすくなります。