トップページ > ゴルフ用語辞典 > サンドウエッジ

サンドウエッジSand Wedge

ロフトが大きい(上を向いている度合いが強い)ウエッジで、バンカーからの脱出などに使うクラブ。ソールには『S』や『SW』などと表示されています。また最近ではロフト角表示(52°、58°など)でウエッジを区別することも多くなっています。一般的なサンドウエッジはロフト56°前後、バウンス角は12°前後です。
最近はアイアンセットがピッチングウエッジまでで、それ以外のウエッジはプレーヤーが個別に揃えるケースが多くなっています。その場合、大抵はロフト角やバウンス角で選ぶようになっており、特にサンドウエッジという定義のようなものはありません。