トップページ > ゴルフ用語辞典 > レイアップ

レイアップLay Up

グリーンを狙わずに刻むこと。
多くのゴルファーは、グリーンまでの距離が、長い番手を持てば何とか自分の届く距離であるなら、たとえグリーン周りにバンカーなどのハザードが待ち受けていようとも果敢に狙っていくものです。これが上級者になるほど、自分のショットの正確性とハザードなどの危険性を照らし合わせて、その結果、無理にグリーンを狙わない、といった選択をする場合も多くなります。特にPAR5のホールは、グリーン周りに罠が仕掛けられていることが非常に多いため、セカンドショットでたとえ届く距離でもレイアップした方が、よっぽどスコアがまとまる、といったことも少なくないのです。