トップページ > ゴルフ用語辞典 > ネット

ネットNet

グロスからハンディキャップを引いた数字。通常、コンペではネットで順位を決める。

コンペのネットとは関係ありませんが…
【OB杭に沿って張られたネットについて】
よくゴルフ場のOB杭に沿って張られたネットがあります。これに引っかかった時はどうなるでしょうか? OB? それともセーフ(インプレー)?
答えはOB杭がネットの外側にあるか内側にあるかで異なってきます。基本的にはOB杭がネットの外側ならセーフ、OB杭がネットの内側ならOBとなります。しかし厳密にはたとえネットの外側にOB杭があったとしても、OB杭の内側の線を結んだ境界線がOBと定義されているので、ネットがたるんでいて球全体が境界線を越えてしまっていればOBとなりますし、逆にネットの内側にOB杭があった場合でも、ネットが内側に倒れこんでいてよりそこに球があれば、OB杭が定義するOBの境界線を越えていない場合もあります。ゴルフ場にあるネットは普通は単なる防球ネットとしての目的で張られているものですので、ネットがOB杭の内側なら「動かせない障害物」として無罰で救済を受けることが出来ます。ネットがOB杭の外側で球がかろうじてセーフだった場合は、救済は受けることが出来ないので、そのまま打つか、それが不可能ならアンプレヤブルの処置をとることになります。
もしこのネットが、単に防球ネットとしての役割ではなくOBの境界線を決めるために設置されている場合は、OB杭の内側外側にかかわらず『動かせない障害物』とはならず、いかなる場合も救済を受けることが出来なくなります。つまり、たとえOB杭の内側に張られたネットに引っかかってセーフとなった場合でも無罰での救済は受けられず、そのまま打つか、それが難しいならアンプレヤブルの処置を取らなければならない、ということになります。