目玉

バンカーに入った球が砂の中に埋まってしまっている状態。バックスピン量が多く、また落下する際の軌道が垂直に近いほど目玉になりやすくなります。従って、ショートアイアンではナイスショットと言える当たりの時ほど目玉になりやすいのです。通常のバンカーショットより脱出が困難になるケースがほとんどです。

【通常のバンカーショットとは異なる目玉から脱出するための打ち方】
1.球を右足寄りにしてハンドファーストに構える
2.フェースを開かずにアップライトに振る(高い位置にクラブを振り上げて降ろす)
3.球の手前の砂にヘッドを勢い良く入れる(砂にドスンと入れるイメージ)

目玉から打ったボールはバックスピンがかかりづらいので打った後の転がることも計算に入れましょう。