噛む

ダフリの軽いもの。
ダフリのように極端にボールの手前にヘッドが刺さり、ヘッドとボールの間に芝や土が入って直接ボールを打てないのとは異なり、ボールの直前の芝土にヘッドが刺さるが、クラブヘッドは直接ボールで打てたような状態のことを指します。噛む度合いにもよりますが、ヘッドスピードが落ちてインパクトするため、たいていの場合、ナイスショットに比べると飛距離は落ちることになります。