逆目

グリーンやラフで打つ方向に対して芝の生えている方向が逆のこと。
グリーンで逆目の場合、球の転がりが遅くなるので大きめに読まないと距離が合わなくなります。また、ラフではクラブに芝が絡むためクラブが振り抜きにくくなります。
グリーンの芝目は、特に山岳コースなどで高い山の方から順目になると言われています。しかしこのような山岳コースの場合、実は芝目よりも目の錯覚による部分が大きい場合もあります。例えば、ホールの右手に高い山があり、山からの傾斜でホール全体が左側に傾斜していたとします。この時、グリーンが真っ平らならホールに対して右に傾いているように見えてしまうものなのです。