トップページ > ゴルフ用語辞典 > グースネック

グースネックGoos Neck

グースネック

クラブフェースがシャフトに対し右寄りに付くことによりネック部分がガチョウの首のような形になっていること。グースネックのクラブは球の捕まりが良いとされています。

【グースネックが球の捕まりが良い理由】
グースネックは形状からも分かるように、ヘッドが後方に位置しています。つまり、重心位置が後方にあるということになります。ダウンスイングで遠心力が高くなると重心位置はシャフトの延長線上にいきたがります。後方にあった重心がシャフトの延長線上にくるとフェースはターンしようとします。その結果、捕まりが良くなる、というわけなのです。