トップページ > ゴルフ用語辞典 > クロスオーバー

クロスオーバーCross Over

クロスオーバー

スイングのトップの位置でシャフトが飛球線より右を向くこと。反対はレイドオフ
クロスオーバーは、バックスイングの初期段階でヘッドが低い位置からインサイドに入ると起こりやすくなります。またクロスオーバーのトップからはダウンスイングがインサイドアウトになる場合が多く、球筋はドローボールになるプレーヤーが多くなります。
一流プロでもクロスオーバーのプレーヤーはいますが、昨今ではクラブの進化に伴い、トップの位置をレイドオフにしている選手が大半を占めてきています。また一流プレーヤーはクロスオーバーでも手が体の正面に収まっているのに対し、初心者ゴルファーがクロスオーバーになるのは、手が体の正面から外れてオーバースイングになっている(体を回さず手だけでバックスイングをしてしまっている)ことがほとんどで、そうなると様々な弊害が生じる原因となってしまいます。