トップページ > ゴルフ用語辞典 > クロスバンカー

クロスバンカーCross Bunker

フェアウェイを横切るように配置されたバンカー。フェアウエイバンカーとも言います。
ガードバンカー(グリーン周りのバンカー)とは違いグリーンまでの距離が残っているので、ガードバンカーからのバンカーショットのようなエクスプロージョンではなく、球をクリーンにヒットするショットが要求されることがほとんどです。少しでも手前にクラブが入ってしまうと砂がボールとクラブの間に入ってしまい飛距離が落ちるのでハーフトップ気味に打つくらいの方が良いでしょう。
他にクロスバンカーからのショットで気を付ける事は『アゴの高さ』です。まだ長い距離が残っている場合、番手の大きいクラブを持つことになりますが、そうすると打ち出し角が低くなるのでアゴの高いバンカーの場合、ナイスショットをしてもアゴに当たってしまう可能性が出てきます。従って、まずはアゴの高さを越えられる番手を持つことが先決です。それでグリーンに届かないようなら刻むことも考慮しなければなりません。