トップページ > ゴルフ用語辞典 > コンパクション

コンパクションCompaction

グリーンの硬さを示す数値。数値が大きいほどグリーンが硬いということになります。バネの付いた鉄の棒をグリーンに刺すことで測ります。通常のコースで10〜11前後、プロの試合ではおおよそ13〜14という数値になります。

【コンパクションの影響】
グリーンが柔らかいのと硬いのとでは球の止まり具合に影響が出てきます。柔らかいグリーンでは球が跳ねにくく、落ちた付近で球が止まったりバックスピンで球が戻ってきたりしやすいものです。またピッチマークも出来やすくなります。それに対し硬いグリーンでは球が跳ねやすいため止まりにくくなります。
グリーンの硬さは、ゴルフ場がグリーンにローラーをかけることで地面が締まり硬くなる他、晴れた日が続いた場合などに地面中の水分が少なくなり硬くなることもありますので、同じゴルフ場でもその時によってコンパクションが異なるものです。