トップページ > ゴルフ用語辞典 > コック

コックCock

バックスイングで手首を曲げること。反対にダウンスイングでコックをほどくことをリリースと言います。
コックはヘッドスピードを上げるための、つまり飛距離を出すための重要な要素です。丁度、手首が蝶つがいのような役割をして、手首を中心にしたクラブヘッドの円運動が生じクラブヘッドの加速に繋がります。コックによってヘッドスピードを加速させるには、まず正しい方向にコックすることが重要です。クラブを持った時の親指の方向に向かってコックするのが正しい向きで、アドレスした状態でバックスイングせずにコックだけ作ると、丁度剣道の面のようにほぼ真上に持ち上がることになります。ありがちな間違いは左手の手のひら側(右手の甲側)に手首を折るやり方。厳密に言うと正しいスイングでもこの方向に多少は(人によって異なる)曲がるものですが、この方向だけに曲げるとクラブの操作が難しくなります。
バックスイングでコックしたらダウンスイングでコックをほどくわけですが、このタイミングが早過ぎるとコックした意味がほとんどなくなったり、ダフリのミスが発生しやすくなります。出来るだけタメてインパクトに近いところで一気にほどくのがヘッドスピードアップの鍵。その為には手首の力で戻そうとするのは厳禁です。手首に無駄な力が入っているとクラブヘッドが走る妨げとなってしまうので、いかに手の力を抜くかがポイントの一つです。