トップページ > ゴルフ用語辞典 > キャディ

キャディCaddy

プレーヤーのクラブや荷物を運んだりプレーに関する手助けをする人。
自分のキャディ、もしくは共用のキャディはルール上『局外者』ではなくプレーヤーと同じ扱いとなるためプレーヤーの球が当たったりキャディがプレーヤーのボールを動かしたりしてしまうと1打罰となります。また、その他でもキャディの行動については常にプレーヤーがその責任を負うことになります(キャディが違反をするとプレーヤーが該当する罰を受けます)。
ブラインドホール(コースの先が見えないホール)で、前組への打ち込み防止などの観点からコースの途中地点に立ち、ショットの可否を旗で知らせてくれるキャディはフォアキャディと呼びます。フォアキャディは局外者となります。

キャディフィー(キャディを付けることによる料金)はゴルフ場により異なりますが、平均的にはおよそ3,000〜4,000円の間といったところ。キャディフィーは1組の人数によっても料金が異なるものなので(4人1組でのキャディフィーが表示されていることが多く、2人や3人でのラウンドは一人あたりのキャディフィーが上乗せされるのが普通)予約時はしっかりと確認しておきましょう。キャディの役割は様々ですが、単にプレーの進行をスムーズにするだけではなく、コース攻略のガイドとなってくれたりプレーヤーのスコアアップにも繋がりやすいといったメリットもあります。特に初めて回るコースではキャディ付きの方が何かと便利なものです。