トップページ > ゴルフ用語辞典 > パット(パッティング)

パット(パッティング)Putt

パターでボールを打つこと。
パターはショットに比べると小さな動きで、球を運ぶ距離も小さいが、カップを狙うものだけに繊細さが要求されます。重要なのはまず芯で捉えること。毎回同じ芯で捉えていなければ、距離にブレが生じてしまうからです。また、パターの場合、フェース向きに対して直角にボールが飛び出すのが基本ですので、フェースの向きがブレてしまうと、それがそのままボールの方向のズレに繋がってしまいます(ちなみにアイアンやウッドのショットでは、球の飛び出す方向はフェース向きよりもスイング軌道に影響される部分が大きいのです)。
短い距離のパットでは球に順回転がかかっていた方がカップに入りやすいため、アッパー気味の軌道で打つのが良いとされています。