トップページ > ゴルフ用語辞典 > 左足下がり

左足下がり

構えた時に左足が低くなるようなライのことをさします。
地面の傾斜を考えた場合、最も難しいとされるのがこのライです。左足下がりのライでは普通より球は上がりにくくなるのが当たりまえで、無理に球を上げようとするとダフリなどのミスが生じやすくなります。

【左足下がりの打ち方の例】
1.傾斜に逆らわずに傾斜なりに上体を傾けて構えます。
2.球の位置は普段より球一個分右足寄りにセットしてスイング!
無理に球を上げようとせず、低い球が出ることを想定して打つのがポイントです。