トップページ > ゴルフ用語辞典 > ヘッドビハインドザボール

ヘッドビハインドザボールHead Behind The Ball

ヘッドビハインドザボール

インパクトの時に球よりも頭が飛球線後方にある状態をさします。日本語では「頭を残す」といった表現をすることも多いです。またヘッドを略してビハインドザボールとも言います。
ヘッドビハインドザボールはゴルフのスイングにおいて非常に重要とされています。インパクト直後にヘッドビハインドザボールの形になることは、クラブのヘッドとプレーヤーのヘッドが丁度釣り合うような形になることになり、この形こそがクラブヘッドの加速に欠かせない動きとなっているのです。また、頭を残すとヘッドがしっかりとターンしやすくなるためドローボールが打ちやすく、逆に頭が前に突っ込んでしまうとヘッドが返らずスライスになりやすい、という現象も起こりやすくなります。プロゴルファーの中にはアドレス時よりも若干後方に動くプレーヤーも見られます。