トップページ > ゴルフ用語辞典 > ハーフウエイバック

ハーフウエイバックHalf Way Back

スイング開始からトップの位置までクラブを上げる動作(バックスイング)の半分ほどの位置(クラブが水平くらいにまで上がっている位置)のこと。
スイングを見る際のチェックポイントとして挙げられることが多いポイントです。ハーフウエイバックでは、シャフトがスタンスと平行になっているのがオーソドックスとされています。また、胸と腕の作る三角形をこの時点でキープしていることも重要です。初心者は、手だけでクラブを上げ、三角形が潰れてしまう人が多く見られます。