トップページ > ゴルフ用語辞典 > ハーフ

ハーフHalf

9ホールのこと。
元々はハーフで休憩を挟まず18ホールをプレーするのが原則ですが、昨今の日本のゴルフ業界においてはハーフで休憩を挟むのが慣例となっています。競技などでハーフで休憩が認められている場合、それはプレーの中断とみなされます。プレーの中断中は別途ルールが設けられていない限りアドバイスを交わしたり(規則8-1・アドバイス)練習グリーンや決められた場所でのアプローチ練習(規則7-2・ラウンド中の練習)をしても罰はありません。
ゴルフは基本的に18ホールをプレーするものですが、ゴルフ場によっては『ハーフプレー』と称しハーフだけのプレーを実施していることころもあります。特に、早朝ハーフや薄暮ハーフといったサービスが多く、一日時間を費やすことがなかなか出来ない人にとってはプレーする機会を得ることが出来ます。