トップページ > ゴルフ用語辞典 > フェース

フェースFace

ヘッドのボールを打つ面。クラブフェースとも言います。
クラブフェースはクラブ毎に形・大きさなど様々あります。もちろん性能的に各クラブで異なる他、見た目も大きな要素で、構えた時にしっくりくるものや違和感のあるものなど人それぞれ好みが異なります。例えば、ある人にとってはフェースが小さいと操作しやすく見えたり、またある人にとってはフェースが大きいと安心感が出たりするもので、上級者でも性能だけではなく見た目を考慮してクラブを選ぶことが多いものです。
ウッドのクラブフェースは、シャローフェースとディープフェースがあります。シャローフェースはフェース高が短く横長であるのが特徴。フェース高が短いと低重心となるため、ボールが上がりやすいといった特徴があります。また横長だとヘッドの横回転に対する慣性モーメントが大きくなるため、ミスヒットした時のギア効果によるサイドスピン量は少なくなり、結果的に横への曲がりが少なくなります。ディープフェースはフェース高が長いタイプのもので、フェースの上っ面に当てれば低スピンで高弾道、下側で当てればスピン量多めの低い弾道、といったように弾道の高低を打ち分けやすいのが特徴です。
クラブフェースにはスコアライン(横の線)が何本か刻まれておりバックスピンをかける役割を担っています。ドライバーには無いものもありますが、アイアンには必要不可欠です。