トップページ > ゴルフ用語辞典 > バンカー

バンカーBunker

砂の窪地。ハザードの一種。
バンカー内では(球がバンカー内にある場合に)手やクラブが砂に触れると2打罰となります。打ち終えたらショットの跡や足跡をレーキでならしておくのが最低限のマナーです。フェアウエイやラフなどでは小石や枯れ葉・小枝といったルースインペディメントを手で取り除くことが出来ますが、バンカー内ではルースインペディメントを取り除くことは出来ません。
ゴルフ規則・ハザード内の禁止行為

【オーソドックスなバンカーショットの手法】
・スタンスはオープンにして構える。
・フェースを開く。
・スイングはスタンスに沿ったアウトサイドイン軌道で振る。
・左手首の甲側にコック(手首を折り曲げる)して、ダウンスイングでも戻さない感覚を保つとバウンスから砂に落としやすい。
・砂に入れておしまいではなく、振りぬく(ボールの下の砂を削り取る感じ)
※目玉の時は、削り取るのではなくフェースを開かずに手前の砂にドスンと打ち込んだ方が脱出しやすい。