トップページ > ゴルフ用語辞典 > ウエッジ

ウエッジWedge

アプローチなどの短い距離を打つためのクラブ。ピッチングウエッジ、アプローチウエッジ、サンドウエッジなどがあります。

PW → ピッチングウエッジ
AW → アプローチウエッジ
FW → フェアウエイウエッジ
SW → サンドウエッジ
LW → ロブウエッジ

ウエッジはピッチング、アプローチ、サンドといった呼び方をする他、近年ではロフト角の度数で区別している場合が多くなっています。一昔前はアイアンセットがサンドウエッジまで揃っているものが多かったのに対し、最近ではアイアンセットが5番〜9番+PW、そこにウエッジは別で2〜3本入れるケースが主流です。アイアンセットからの流れにもよりますが、ウエッジは50°〜60°くらいの間で2〜3本程度使うのが主流です。例えばピッチングウエッジのロフトが48°前後なら52〜3°と56〜8°あたりの2本、ピッチングウエッジのロフトが44°前後なら48°前後と52〜3°と56〜8°あたりの3本のウエッジをバッグに入れたりします。クラブは14本以内であればその組み合わせに規定はないのでプレーヤーの好きなようにセッティングすることが出来ます。