トップページ > ゴルフ用語辞典 > 打ち降ろし

打ち降ろし

打つ方向が低くなっていること。
グリーンを狙うショットが打ち降ろしの時はクラブの番手を落とすのが基本です。打ち降ろし具合、また残り距離とプレーヤーの球筋や飛距離により何番手落とすかは異なってくます。ウエッジなどの短い番手で高い球を打つ際は落ち際の軌道が垂直に近くなるので打ち降ろしの影響は少なくなります。逆に長い番手では打ち降ろしの影響が顕著に出ることになります。
打ち降ろしの斜面(左足下がり)から打つのはアマチュアにとって最も難しいライの部類に入ります。ボールの右側が高くなっているので地面に垂直に構えて普通にスイングするとダフりのミスが生じやすくなります。また、打ち降ろしでボールが上がりにくいからといって、ボールを上げようとしてすくいあげるようなスイングもダフリのミスを誘発します。このような場合、傾斜に沿って体を傾けてアドレスし、球は少し右足寄りにして傾斜なりの低い球を打つようにすることでミスの確率は低くなります。