トップページ > ゴルフ用語辞典 > 打ち上げ

打ち上げ

打つ方向が高くなっていること。
グリーンを狙うショットが打ち上げの時はクラブの番手を上げるのが基本です。打ち上げ具合、また残り距離とプレーヤーの球筋や飛距離により何番手上げるかは異なってきます。高い球を打つプレイヤーであれば、ボールが落下する際垂直に近くなってくるので、打ち上げや打ち降ろしによる影響は少なくなります。逆に低い球筋のプレーヤーは打ち上げによる飛距離の低下を大きめにみなければなりません。また、ドライバーショットで打ち上げの場合はランが少なくなるので(場合によっては全く出ない)低い球より高い球の方が飛距離が稼げます。
打つ場所が打ち上げの傾斜になっている(左足上がり)場合、スイング軌道も傾斜に沿って振るとボールは高く打ちだされるため、通常のショットより飛距離が落ちることになります。また、一般的にはダウンスイングで手元がつまり気味になるためヘッドが返りフックのミスに繋がりやすいと言われています。