トップページ > ゴルフ用語辞典 > オーバースイング

オーバースイングOver Swing

オーバースイング

スイングでトップの位置が深く行き過ぎていることを言います。一般的には水平より行き過ぎるとオーバースイングと呼ぶことが多いです。オーバースイングは、様々な要因でなることが考えられます。
まず一つは右足で体重を受け止めずに下半身も一緒に回ってしまうタイプ。下半身も回るのだから全体的にはかなり回ることになりますが、体の筋肉が緩んでそうなっているので見た目に反して力が蓄積されていない状態となります。また緩んでいるわけだからスイングに安定性が欠けてしまいます。下半身(特に右ひざの位置)はほとんど動かずに肩がしっかり回った柔軟性があってこそ出来るオーバースイングなら飛ばしに繋がるかもしれません。
次にバックスイングの方向です。ありがちなのはインサイドにクラブを引き過ぎるパターン。インサイドにクラブを引き過ぎて体の正面から手元がはずれてしまうとクロスオーバーなスイング(後ろから見てトップの時のクラブが飛球線より右を向いた状態)になり、同時にクラブヘッドが垂れ下がりやすくなります。

 ちなみに横峯さくら選手のような一流プロのオーバースイングの場合、多大な練習の積み重ねによる「クラブの性能を活かす上での自分なりの癖」のようなもので、当人にとっては効率の良いスイングですが、一般人にとっては真似するのが難しいスイングと言えます。