トップページ > ゴルフ用語辞典 > インターロッキング

インターロッキングInter Locking

インターロッキング

グリップ(握り方)の一種。左手の人差し指と右手の小指を絡めるようにして握ります(右利き)。

インターロッキンググリップは、タイガー・ウッズ、ジャック・ニクラウスといった世界のトッププレーヤ―、そして石川遼がしているグリップです。飛距離より方向重視のグリップと言われる場合もありますが、実際問題としては、プレーヤー自身のフィーリングの問題の方が大きく、インターロッキングにせよオーバーラッピングにせよ、プレーヤーがしっくりくるグリップを選ぶことが大事です。

【基本的なグリップの方法】
1.左手の平を上に向ける
2.人差し指の第2関節、中指の付け根、小指の付け根と手首の中間、これらのポイントを通るくらいに斜めにグリップをおいて握る。この時、人差し指と親指の間に隙間をつくらない。
3.人差し指と親指の間の線が右肩を指すくらいにする。
4.右手を沿える。左手の人差し指を持ちあげそこに小指を絡める。中指と薬指はグリップを下から持つように握る。
5.右手の人指し指と親指も、左手同様隙間をつくらず、線が右肩をさすようにする。

 右手と左手の人差し指と親指の線が平行になるようにするのが一つのポイントです。この線が右肩を指しているのがスクエアな状態。右肩より右だとストロンググリップ(フックしやすい)、左だとウイークグリップ(スライスしやすい)と呼びます。

写真解説グリップ参照