トップページ > ゴルフ用語辞典 > インパクトロフトト

インパクトロフトImpact Loft

クラブヘッドがボールに当たる瞬間(インパクトの瞬間)のロフト角のことをさします。
クラブヘッドにはボールを上げるためにロフト角が付けられていますが、このロフト角は、クラブのスペックやヘッドスピードなどにより、静止している時とインパクトの瞬間とでロフト差が生じる場合が多々あります。特にウッド系のクラブでは生じやすくなります。
クラブヘッドには必ず重心があり、インパクトの瞬間は遠心力によってそのクラブヘッドの重心がシャフトの延長線上に行こうとする力がかかります。そうなると、クラブヘッドは先端側が垂れる『トゥーダウン』と『ロフト角の増加』といった現象が起こることになるのです。トゥーダウンは重心位置がシャフトから遠い(ヘッドの先端側に重心がある)場合に大きくなり、ロフト角の増加は重心深度が深い(フェースから遠く後方に重心がある)場合に大きくなります。この現象はどのクラブでも起こるものですが、要はシャフトがしなってそうなるのでシャフトの硬さによってもその度合いは異なってきます。