トップページ > ゴルフ用語辞典 > インパクト

インパクトImpact

ボールが当たる瞬間のこと。ゴルフでは、ドライバーショットにおけるインパクトは1万分の5秒と言われています。最近ではハイスピードカメラが普及し、インパクトの瞬間をとらえた動画などもいたるところで見ることが出来るようになりました。
インパクトの瞬間、ゴルフボールは潰されて飛んでいきますが、この『潰す』ことがドライバーショットの余計なバックスピンを抑えて飛距離アップに繋がる要素となります。ボールの潰れやすさはボールの硬さによって異なり、ヘッドスピードなどに応じて人それぞれ合うボールのタイプは異なってきます。ヘッドスピードの遅い人は柔らかく潰しやすいボールの方が飛ばしやすく、ヘッドスピードの速い人は適切な潰れ具合になるためにある程度の硬さがあった方が良い、ということになります。

クラブヘッドは重心位置がフェース面上やシャフトの延長線上にないため、スイングした時に遠心力により重心位置がシャフトの延長線上に動こうとする働きが生じます。この時、クラブヘッドはその働きによりロフトが増える(ボールが上がりやすくなる)方向に動く現象が起こります。重心位置がフェース面から遠いほど(重心深度が深い)、またシャフトが柔らかいほどこの現象が起こりやすくなります。つまりヘッドが薄いアイアンではそれほどこの現象は起こらず、ウッド系のクラブにおいて起こりやすい現象です。このインパクト時のロフトのことを『インパクトロフト』と呼びます。