トップページ > ゴルフ用語辞典 > アルバトロス

アルバトロスAlbatross

規定打数(パー)より3打少ない打数でカップインすることをさします。
ロングホール(PAR5)なら2打、ミドルホール(PAR4)ならホールインワンがアルバトロスとなります。ショートコースのホールインワンより難しいとされています。アルバトロスもホールインワン同様に保険適用となる場合がありますので、ゴルファー保険に加入している、またはこれから加入する方は内容をチェックしておきましょう。
現実的にはミドルホールでのホールインワンは、よほどの飛ばし屋でない限りほとんど不可能です。ロングホールであればそこそこ飛ばすアベレージゴルファーなら運次第でチャンスはある、ということになります。

【遠方からのショットが直接カップインするのに有利なボール】
ホールインワンもアルバトロスも遠方からのショットが直接カップインすることになりますが、このような場合、高く打ち上げられてグリーン上でピタっと止まるボールより、グリーン上を転がるボールの方がその可能性は高くなります(点より線の方が可能性が高い)。ホールインワンやアルバトロスを故意に狙おうとすることはほとんどないと思いますが、もし狙いたい、というのであれば、グリーン上で転がる球筋を打つことや速いグリーンのゴルフ場でプレーした方が確率は若干アップするかもしれません。