トップページ > ゴルフ用語辞典 > アゲンスト

アゲンストAgainst

アゲンスト=「against」で向かい風のことを意味します。「アゲている」といったように使います。
アゲンストの場合、当然ながら飛距離が落ちるので、風の強さからどれくらい飛距離が落ちるかを計算して番手選びをしたりショットをコントロールする必要があります。高いボール、またバックスピン量の多いボールほど風の影響を受けやすく飛距離は減少しやすくなります。そのため、アゲンストの時に飛距離を落とさないようにするには、低めでバックスピン量をおさえたボールを打つのが有効的です。低めでバックスピン量をおさえるには、通常より番手を上げてフルショットではなくハーフショットやクオーターショットを打つの有効的です。

【アゲンストの利点】
アゲンストの場合、球が拭き上がって飛距離が落ちやすくなりますが、拭き上がる分、球が落下する際の角度は垂直に近付くことになり、グリーンに落ちてからランが少なく止まりやすい球になります。風の強さにより落ちる飛距離を計算しなくてはなりませんが、グリーンを狙うようなショットでグリーンに球を止めやすいといった利点もあります。

反対語 = フォロー(follow)