トップページ > ゴルフ基礎レッスン > チップショット

チップショット

ゴルフをしていれば上級者であろうと初心者であろうとグリーンのすぐそばに止まった球を打つ局面に遭遇することは多いものです。グリーンから僅か数十センチ程度で芝も短ければグリーン上同様にパターで打っても何ら問題ない場合も多いのですが、グリーンから数メートルの距離がある場合や距離が短くても芝が長ければパターで打つとその芝を通る間にどの程度球の勢いが弱まるのかを推測するのは難しくなります。こんな時はその芝を越える分だけ球を浮かせて後は転がすようにして打ちます。このように極端に高く球を上げないアプローチショットのことを『チップショット』と呼びます。チップショットの打ち方はプレーヤーによって様々あると思いますが、ここでは簡単に出来るチップショットを手順を解説していきます。

【スタンス幅は狭く球を右足寄りにセット】
チップショット
距離を稼ぐショットではないのでスタンス幅は狭くします。ボールは右足寄りにセットし、ハンドファーストで構えることで、ダフリなどのミスを少なくし確実にボールにヒットさせるようにします。

【足(脚)の力は使わないでパターと同じように打つ】
チップショット2 チップショット3
フルショットのように足腰を使って打つのではなくパターと同じように肩の回転でストロークします。パターもそうですが、手や腕に余計な力が入るとミスしやすいので気をつけましょう。下半身は積極的に使いませんが土台としてしっかりしていなければならないので、足腰、それから腹筋や背筋はある程度の力を入れ、しっかりした土台を保つ意識はあったほうが良いでしょう。

【キャリーさせたい距離によってクラブを使い分ける】
サンドウエッジでのチップショット(左)と8番アイアンでのチップショット(右)
チップショット チップショット
グリーンまでの距離(キャリーさせたい距離)と転がる距離、これらは状況によってかなり変わってます。転がしたい距離が長いほど番手も長くしいてきますが、これらの距離感は実戦で掴んでいくしかありません。サンドウエッジから9番アイアンくらいまでの間を使いこなせれば、大抵のケースに対応出来ると思います。打ち方は全て同じなので、距離感さえ掴んでしまえばグリーン周りのアプローチからの寄せワンも増えることでしょう。