トップページ > ゴルフ基礎レッスン > ロブショット

ロブショット

ピンがグリーンエッジから近くにありグリーン面を転がすことがほとんど出来ないような場合、ふわっと高く上げてランをあまり出さないロブショットが有効です。しかしロブショットは難易度が高く失敗した時のリスクも大きいため、むやみに使うのではなくロブショット以外で寄せる方法が無い場合に使うようにした方が良いでしょう。たとえピンがグリーンエッジから近いところにあっても、芝が短く刈られた花道を転がして寄せられるような場合は無理にロブショットを使う必要はないのです。

【ロブショットのセットアップ】
1.ボールは左足寄りに置きます
2.クラブフェースもスタンスもオープンにします。
ロブショット1
クラブフェースはオープンにしますが(右に向けますが)、この時、フェースの面はボールを打ちだす方向に向けておくように注意して下さい。フェースの面も右を向いていると、球も右に飛び出します。

【スイング】
スイングはオープンにしたスタンスに沿ってカット軌道になるように振ります。バックスイングでは左手の甲側に手首を折ることで、よりフェースを開きロフトの大きな状態を作り出します。ダウンスイングでも左手の甲側に折った角度をキープするイメージでインパクトまで振ります。この動作は非常に重要で、バンカーショットについても同じ技術が通用するのでマスターしておけば便利です。ロブショットに限ったことではないのですが、特にロブショットでは上下に動くミスが大きなミスに繋がります。ダフったりトップしたりでなかなか上手く出来ない人はスイング中、頭が動かないように意識してみましょう。
ロブショット2 ロブショット3
うまく打てればふわっと浮いた球になります。