トップページ > ゴルフ基礎レッスン > 切り返し〜ダウンスイング

切り返し〜ダウンスイング

【切り返しでは余計な動作はしないことが大事】
切り返し図
桑原プロ「切り返しはクラブの動きやクラブを操作する手の動きなどを最も繊細に感じ取らなければならない重要なところです。しかし重要だからこそあえてシンプルにすることが再現性の高さに繋がってくるのです。極端に言えば『何もしない』のが理想です。これは『何もしないこと』そのものが切り返しにおいて重要という意味ではなくトップポジションまでに切り返しにおいて何もする必要がない形を造りあげておくことが重要という意味です。トップポジションのところまでのレッスンで解説した手やクラブの動きや関係を崩さないようにすることが大切です」

【ダウンスイングは下半身から】
切り返し正面
トップポジションでは目指すトップ位置の少し手前で動作を終わりにし惰性によってトップの位置までクラブが上がり、切り返しの間は『何もしない』と桑原プロの解説にありました。その後はいよいよダウンスイングへと移るわけですが最も重要なのは体重移動と腰の回転、つまり下半身始動で切り返すということです。理想は切り返し直後に左腰がすでに回転を始めて体重が左サイドに移動している状態です。これが出来ればトップの位置で上半身と下半身の捻転差も大きくなり自分の持っているヘッドスピードを引き出しやすくなります。
脚→腰の回転から、肩の回転→腕→クラブへと力が伝わっていくのが理想です。鞭を使うように体を使えればクラブが最後に一気に加速し力強いインパクトを迎えることが可能となります。上半身が下半身より先行して動いてしまうと力を入れた割にヘッドスピードは出ないしミスの確率も高まります。

【背筋を使う】
切り返しサイド
安定した軌道でヘッドスピードを上げるには背筋を使う必要があります。体重移動を意識するあまり、右足で地面を蹴った力で腰を前に出してしまうと前傾が崩れ、ヘッドアップや早すぎる体の開きなどに繋がりミスしやすくなります。背筋を上手に使って左腰を切る動作が行えれば前傾も崩れることなく、腰から肩、肩から腕、そしてクラブへと力が伝わりやすくなります。