トップページ > ゴルフ基礎レッスン > インパクト〜フォロー〜フィニッシュ

インパクト〜フォロー〜フィニッシュ

【インパクト】
ボールにクラブヘッドが当たる瞬間、つまりインパクト時にヘッドスピードを最大にすることが出来れば最高です。しかし、それを過剰に意識すると手打ちになりがちです。インパクトはあくまでスイングの通過点と捉えた方が効率的なスイングを作りやすいものです。インパクトでは、肩がほぼ飛球線と平行(正確にはほんの僅かだけ開く)になるのが理想です。初心者は、インパクトで肩が開き過ぎてしまう傾向があります。こうなるとスイングの軌道はカット軌道になりスライスまたは引っかけといったミスに繋がります。また下半身リードでスイング出来ていればインパクトの時に腰は肩より回転して飛球線方向に向いています。
インパクト
インパクト直後は両手が真っすぐに伸びます。また、この時クラブヘッドと自分の頭、つまり頭同士が引っ張り合うようになればクラブヘッドを上手く使えた証拠です。よく『頭を残す(ビハインドザボール)』と言いますが、まさにこの動きの事で、アドレス時より頭が若干右に動くくらいで丁度良いのです。

【フォロースルー】
フォロースル―では、クラブヘッドの通り道をチェックしましょう。ストレートな球を打つ場合はイントゥイン(写真左)の軌道で打つのが基本です。インからアウトサイドに振りぬくと(写真中)球は右に飛び出しフックします。アウトサイドイン(写真右)に振りぬくと球は左に飛び出しスライスします。これらの球筋は、フェースが真っすぐの状態で当たった場合です。もし、フェースの向きが右を向いていたり左を向いていたりすると、当然球筋はまた変わってきます。オーソドックスなスイングという観点からすればイントゥインになりますが、アウトサイドインのカット軌道で打つスライス弾道が自分の持ち球だという上級者プレーヤーもいれば、強烈なフックで距離を稼ぐのが持ち球である上級者プレーヤーもいます。自分のイメージと実際のクラブの動きが合致していることが大切です。
フォロー フォロー フォロー

【フィニッシュ】
フィニッシュのクラブの収まり方でも球筋を伺うことができます。ストレートな軌道で打った場合はアドレス時のクラブの角度に近い角度でクラブがおさまります(写真左)。インからアウトサイドに抜けるフック軌道で打った場合はクラブが縦におさまりやすくなります(写真中)。カット軌道の場合はクラブが水平に近い角度でおさまりやすくなります(写真右)。フィニッシュはあくまでスイングの結果としての形ですが、良い形を目指すことで通過点も良くなる、といったこともありますので、色々試して練習してみましょう。
フィニッシュ フィニッシュ フィニッシュ

フィニッシュ時のチェックポイントとしてもう一つ。フィニッシュでは右足が自然とめくりあがり、左足に体重がのるようになります。左足に体重が乗りきらない人は、もっと体重移動を意識した方が良いでしょう。
フィニッシュ